BREAKERZ

2019/9/16[月] 開催

ペニーレーン24

開場/17:00 開演/18:00

オールスタンディング¥6500

ソロ歌手として活動していたDAIGOが共通の知人の紹介により2006年10月頃にSHINPEIと出会い、二人でデモテープを作る作業をしている中で気がついたらバンドになっていたとのことである。そのため本人達はいつ「バンドをやろう」と言ったのか覚えていないという。そこへソロ時代のサポートギターも務めDAIGOと古くから親交のあったAKIHIDEを誘い、3人組バンドとなる[5]。

バンド名「BREAKERZ」の由来は、ぶっ壊したい、とりあえずぶっ壊すという意味があり、自分達の限界や音楽のジャンルの壁をぶっ壊し未来に繋げたい、という意味が込められている。また、最後の「Z」は最初「S」だったが、メンバーが尊敬するバンドでありビーイングの先輩でもあるB’zから拝借したという[5]。略称は”BRZ”、”壊し屋”。ファンの総称は”TEAM BREAKERZ”。曲のアレンジは全て「BREAKERZ」名義になっているが、作曲者が主導権を握ってそれに他メンバーが細かいアイディアを出す作り方を取っている[5]。

ボーカルにツインギターという珍しいバンド構成は、「何よりも『早く音楽を届けたい』という気持ちが強く、ベース・ドラムがいない状態で活動を始めたから」(AKIHIDE)[6]、「そこに関しては編成うんぬんというより、この3人だからやれているというほうが正しいです。例えばAKIHIDEさんとかSHINPEIがベースだったとしても、この3人でやってるだろうし。2人はプレイヤーとしてももちろんなんですけど、音楽に対する情熱やセンスにあふれた人間で。音楽を通じて3人でひとつの集合体になって突き進んでるって感じなんです」(DAIGO)[7]と語っている。基本的にAKIHIDEがリードギター、SHINPEIがサイドギターを担当。このツインギター体制を活かし、アコースティックアルバム (『B.R.Z ACOUSTIC』) もリリースしている。

 

『BREAKERZ』オフィシャルサイト

http://breakerz-web.net

チケット販売はコチラ →