「サッポロ クラシック 北海道7空港応援缶」発売発表

サッポロビールは3月1日、「サッポロ クラシック 北海道7空港応援缶」(オープン価格)を4月7日に北海道で数量限定発売することを発表した。同商品は北海道内7空港の完全民営化を記念して発売する。パッケージは無限の可能性が広がる「北の空」をイメージしたブルーを基調に、7つの空港を機体で表現した。サッポロビール北海道本社の小野寺哲也代表は「応援缶を通して大勢の皆さまに7空港を北海道の玄関として知っていただき、北海道の観光と食を応援し、北海道の全体の経済を発展させていきたい」と話した。北海道エアポートの蒲生猛社長は「北海道ブルーは私共の会社の色。ご配慮が大変ありがたい。桜のころに北海道に来ていただき、帰りにこの商品を買っていただき、サッポロクラシックを間に挟んで家族のだんらんで話してもらい、また北海道に来てもらえれば」と感謝した。

左から北海道エアポートの蒲生社長、サッポロビール北海道本社の小野寺代表