2021.2.5 [金] 公開

哀愁しんでれら

配給/クロックワークス

監督・脚本/渡部亮平

出演/土屋太鳳、田中圭、COCO、山田杏奈、ティーチャー、安藤輪子、金澤美穂、中村靖日、正名僕蔵、銀粉蝶/石橋凌ほか

 

公開劇場/札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌、サツゲキほか

 

哀愁しんでれら

公式サイト:https://aishu-cinderella.com/

ストーリー

児童相談所で働く小春は、自転車屋を営む実家で父と妹と祖父と4人暮らし。
母に捨てられた過去を抱えながらも、幸せでも不幸せでもない平凡な毎日を送っていました。しかしある夜、怒涛の不幸に襲われ一晩ですべてを失ってしまいます。
そんな彼女に手を差し伸べたのが、8歳の娘・ヒカリを男でひとつで育てる開業医の大悟。優しく、裕福な大悟は、まさに王子様。「ただ幸せになりたい」という願う小春は、出会って間もない彼のプロポーズを受け入れ、不幸のどん底から一気に幸せの頂点へ駆け上がりました。シンデレラの物語ならここで“めでたしめでたし”。しかし小春の物語はそこでは終わりませんでした…

イントロダクション

なぜその真面目な女性は、社会を震撼させる凶悪事件を起こしたのかー
TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016でグランプリを受賞した渡部亮平の商業映画監督デビューである本作。
主演に土屋太鳳、そして田中圭と人気・実力を兼ね備えたキャスティングを実現し、大悟の娘ヒカリ役には世界的に注目されている
キッズインスタグラマーCOCOを抜擢。観る者の「幸せ」の価値観を乱高下させる傑作サスペンスを作り上げた。