2021.3.26[金] 公開

騙し絵の牙

配給/松竹

監督/吉田大八

原作/塩田武士「騙し絵の牙」(角川文庫刊)

出演/大泉洋、松岡茉優、宮沢氷魚、池田エライザ/斎藤工、中村倫也/木村佳乃、小林聡美/佐藤浩市ほか

 

公開劇場/札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌ほか

 

騙し絵の牙

公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/damashienokiba/

ストーリー

最後に笑うのは誰だ⁉ 全員クセモノ!仁義なき騙し合いバトル、遂に開幕!
大手出版社「薫風社」に激震走る!かねてからの出版不況に加えて創業一族の社長が急逝、次期社長を巡って権力争いが勃発。専務・東松(佐藤浩市)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉洋)も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされる…が、この一見頼りない男、実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた!嘘、裏切り、リーク、告発。クセモノ揃いの上層部・作家・同僚たちの陰謀が渦巻く中、新人編集者・高野(松岡茉優)を巻き込んだ速水の生き残りを賭けた“大逆転”の奇策とは!?

イントロダクション

オールスターキャストで贈る仁義なき騙し合いバトル!
最高に爽快な逆転連発エンターテインメントが誕生!

ミステリー小説「罪の声」の著者・塩田武士が、俳優・大泉洋を主人公にあてがきし、2018年本屋大賞にランクインするなど、話題・評判ともに世間の注目を集めた、前代未聞のベストセラー小説「騙し絵の牙」(角川文庫/KADOKAWA刊)。崖っぷち出版社を舞台に描かれた本作が、ついに実写映画化!

映画レビュー

レビュー01

展開のテンポの良さいい、思わず笑っちゃうコミカルな部分がいい、謎ときがまたいい。
目まぐるしく展開する時間と出版界の切磋琢磨。翻弄される松岡茉優がいい。
主人公は変わり者編集長・速水(大泉洋)なのだがその速水の策略に巻き込まれていくヒロインの編集者・高野役に松岡茉優がなんともいいのだ。はっきり言って彼女がこの映画の主人公に見えてくる。
主人公は速水(大泉洋)とわかっていても、この映画の見方が自分に置き換えてみると高野になる。何も考えずに物語をただ楽しみたい人におすすめの一本である。最後のエンドレールを見て、これで終わり?いやいやこれからでしょう…、と一言つぶやいてしまう。
コロナがなければ多くの人が見に行くだろう、映画館は大丈夫ですよと政府も言っていますが(マスクして)?どうぞ見て下さい!今年の映画賞にノミネートされる1本と思いますが。
私は続きが見たい速水の次の戦いをと、思っただけで笑いがこみ上げてくる。
そこにはヒロインの編集者・高野はいなく、彼本来の嗅覚・性格で勝ち取る仕事をもっと見たい。
原作小説とはまたちがう軽快で痛快な2時間はとても心地の良い時間だった。
新たな作品として生まれ変わらせ、また見た観客に驚きと歓声を誘うエンタテーメントとの作品だ。
原作のエッセンスをこの映画に落としつつまた違う作品を見せてくれている。
苦境に喘ぐ出版業界のなか、大手出版社の裏側とともに文字通り騙し騙されてのストーリーが繰り広げられ、魅力的なキャラクター群が跋扈する作品と言っていい。出版の中でも時代に影響される雑誌が時代をつくる。おもしければ良い。記者が書きたかった物を書く。面白いかもしれないが、編集者はたまった物じゃないだろう。
大泉洋が主人公なら、どんな笑えるどんでん返しが待っているのか期待した。
予想出来ない終わり方がいいのか、違うのか見てのお楽しみ。
作品は初めから終盤前までは物凄く面白かった。
純粋に面白かった!し各キャラクターが個性豊かで後まで飽きさせない。見ていると合ってくるから面白い。
やっぱりこの映画ただ者ではない。魅力的な作品であることに疑いはない。
オススメ!である。
最後にカルチャーマガジン トリニティが見たい、いや絶対読みたい。
角川文庫さん出版してお願い!

レビュー02

 大泉洋の魅力満載の作品だ。最新映画で当たり役が多い大泉だけに、今回も期待して観た。率直にすごくいい。ちょっと怪しげで、二枚目半を演じさせたら超一級品。雑誌の編集長という役柄上インテリぽくもあり、しかし誠実で仲間を鼓舞しながらガンガン突き進む。部下の高野(松岡茉優)へは厳しくも優しく接し、一方上司や大物にもひるまず対峙する。佐藤浩市扮する東松社長や國村隼が演じる大御所小説家の二階堂との掛け合いは、観ていて惚れ惚れした。まさに戦国武将の斎藤道三のようなしたたかな戦略で難局を切り抜けていくのだが、これがどうも憎めない。大泉だけに“ダサカッコいい”のだ。
ストーリーはタイトルの通り騙し騙される、本のページをめくるがごとく破天荒な展開が笑いを誘う。再興を図ろうとしている老舗出版社を舞台に派閥争いのパワーゲームが始まって行く。主人公を含めて誰が騙して、誰が騙されているのか!? それは最後の最後までわからない、ワクワク感がある。さらに本作は、今のどこか沈滞化した社会に一石を投じているのではないかと思う。固定観念を打破し、過去に執着せず未来志向で、知恵を出して生き抜いていく。おそらく我々はこれまでの常識に騙されていて、挑戦をあきらめかけていないかと…。そんな我々に元気と勇気を与えてくれる作品だった。多分、最後に「なるほどね~」と思うはずです。

レビュー03

舞台は崖っぷち大手出版社、それだけでゾクゾクする設定。大泉洋と豪華俳優陣。
次々にその俳優達が現れるので見ていて飽きる暇が無い贅沢な時間だった。
ヒット映画には何故かいつもリリー・フランキーが出ているが今回も演じていた。
最後の最後まで楽しめる映画でした。