2019.6.28 [金] 公開

凪待ち

配給:キノフィルムズ
監督/白石和彌
出演/香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、
音尾琢真、リリー・フランキーほか
124分 PG12
製作国/日本
公開劇場/札幌シネマフロンティア

『凪待ち』公式サイト:http://nagimachi.com/

ストーリー

毎日をふらふらと無為に過ごしていた郁男(香取慎吾)は、恋人の亜弓(西田尚美)とその娘・美波(恒松祐里)と共に彼女の故郷、石巻で再出発しようとする。少しずつ平穏を取り戻しつつあるかのように見えた暮らしだったが、小さな綻びが積み重なり、やがて取り返しのつかないことが起きてしまう―。
ある夜、亜弓から激しく罵られた郁男は、亜弓を車から下ろしてしまう。そのあと、亜弓は何者かに殺害された。恋人を殺された挙句、同僚からも疑われる郁男。次々と襲い掛かる絶望的な状況から、郁男は次第に自暴自棄になっていく―。

イントロダクション

誰が殺したのか?なぜ殺したのか?
その狂気に、真実が歪んでいく――
 
『孤狼の血』白石和彌x『人類資金』香取慎吾が挑む、バイオレンスと絶望、怒りと裏切り、不条理と悲劇、愚か者たちの衝撃のヒューマンサスペンス!

映画レビュー

レビュー01

タイトルが「凪待ち」、何がおさまり、何が穏やかになるのかを冒頭からラストまで見事に表現した映画。
堕落した男、ギャンブル好きを演じた香取慎吾の演技力は圧巻!
見応えのある喧嘩シーンには手に汗握りました。
また、いいヒューマン映画には必ずリリー・フランキーが
登場するなぁと思う。
リリー・フランキーはこの映画に独特の持ち味で演じ、存在感がありました。
大変面白い映画でした。

レビュー02

慎吾チャンから慎吾さんへ、大人の役者になってきた。
久し振りに見た香取慎吾は役者になっていた。が感想の第一声。
どんなに一生懸命役者をやっていても、どうしてもアイドルから抜け出せなかった香取慎吾だが…。ギャンブルに溺れてどうしようもない男が宮城の港町で再起をはかろうとするが…。本作の香取慎吾は光も影も、全て多面的な表情でスクリーンに映ってしまっているからとっても怖く見える。そこがとってもイイ表情で映画をリードしているように感じた。また推理物のようなところも有り楽しめたり、親子の情愛も感じられて、いい作品になっている。脇でリリー・フランキーガがっちりいいところを押さえている。また注目すべきは、恒松祐里さんの演技がとってもよく可愛く見えた。「今年注目映画女優」感あり。しばらくこの子に目が離せないかもしれません。
映画としてはいい作品である香取慎吾ファン以外にも多くの人に見てもらいたい1本である。