2019.6.21 [金] 公開

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

配給:ギャガ
監督/野口照夫 (エオルゼアパート)山本清史
原作/「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」
マイディー
出演/坂口健太郎、吉田鋼太郎、佐久間由衣、山本舞香、
佐藤隆太/財前直見ほか
製作国/日本
公開劇場/札幌シネマフロンティア

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』
公式サイト:https://gaga.ne.jp/hikarinootosan/

ストーリー

この人が死んだとき、泣いたりするんだろうか──
自分が子供の頃から、何を考えているのか全く分からなかった父の背中を見て、心の中でそうつぶやくアキオ(坂口健太郎)。仕事一筋で単身赴任中だった父(吉田鋼太郎)が、突然会社を辞めて家に帰って来たのだ。母と妹も一日中ボーっとテレビを見ている父を、遠巻きに眺めている。父の本音を知りたい、そんな願いに突き動かされたアキオに、ある計画が閃く。アキオの得意なオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」の世界に父を誘導し、自分は正体を隠して、共に冒険に出るのだ。その名も〈光のお父さん計画〉!アキオは顔も本名も知らないゲーム仲間たちに協力を呼び掛け、励まされる。だが、この時のアキオは思いもしなかった。父に家族も知らない意外な顔があるとは──。

イントロダクション

累計アクセス数1,000万超の大人気ブログ、感動の実話が待望の映画化!
 
ずっとすれ違ってきた父子が、オンラインゲームの世界を旅する。
しかし父は、それが息子であることを知らない――

映画レビュー

レビュー01

ゲーム音痴の小生が「これって、いいかも!」と実感させられる映画だった。物語は主人公のアキオ(坂口健太郎)の父・暁(吉田鋼太郎)が突然仕事を辞めて帰ってくる。父に何があったのか…。家庭を顧みず仕事一筋だった父親の本音を知りたくなったアキオが、子供の頃一緒に遊んだゲーム「ファイナルファンタジーⅢ」の世界に暁を誘導する。息子であることを隠しながら、オンラインゲームの中で共に冒険を続ける。
 映画館のスクリーンに広がる、美しい「ファイナルファンタジーXIV」の世界は圧巻。個性派ぞろいのキャラクターたちが親子2人の距離を縮めていき、堅物の父親がおちゃめになるなど仮想現実ならでの良さが、実におもしろい。自分自身をアキオに置き換え作中の父・暁の本音を知ったとき、現実の親と重なり合いあなたもラストで涙するかも知れない。

レビュー02

私の父も昔は家族とあまり話さず、無口で何を考えているのかわからなかった。私も年を取り少し分かってきたのは愛情がありながらも、どう接していいのか分からずモクモクと仕事をして家族に生活の不安をさせないことが愛情だと思ったのかもしれない。ゲームもなく親と遊ぶことが少なかったのかもしれない。私もゲームが好きだが親としたことはない。この映画を見て一度はやってみれば良かったと思う。ずっとすれ違ってきた父子が、オンラインゲームの世界を共に旅する。父の本音を知りたいと考えた息子は、ゲームを贈る。父はゲーム内の友が息子であることを知らず、一風変わった親子の感動ストーリーが展開される。
映画を見て心が温かくなった、親を思うこと、子を思うこと。

夜、久し振りにオンラインゲームの扉を開いた自分がいた。
年代は変わっても親子の愛情はいつまでも続くことを願う。