2019.6.21 [金] 公開

ザ・ファブル

配給/松竹
監督/江口カン
出演/岡田准一、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、
柳楽優弥、向井理、佐藤二朗、安田顕、佐藤浩市ほか
製作国/日本
公開劇場/札幌シネマフロンティア、
ユナイテッド・シネマ札幌ほか

『ザ・ファブル』公式サイト:http://the-fable-movie.jp/

ストーリー

どんな相手も6秒以内に殺す――。
“ファブル(寓話)”と呼ばれるその謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会で誰もが「伝説」と恐れる存在だった。しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、ボス(佐藤浩市)はある指令を与える。
「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に生まれて初めて一般人として街に溶け込む生活を始める。インコを飼ったり、バイトしたり…。殺しを封じ、《普通》を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する!
【絶対に殺してはいけない】指令のもと、絶体絶命のピンチを切り抜け平和に暮らせるのか―?!

イントロダクション

<いま一番面白い>と話題のコミック「ザ・ファブル」がついに映画化!
主人公ファブル/佐藤アキラには、日本映画界を代表する実力派俳優~岡田准一。本作で満を持してマンガ原作初挑戦!木村文乃、山本美月、佐藤浩市に加え、強烈な裏社会の人間たちに、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕という主演級の顔ぶれが参戦!そして、佐藤二朗、宮川大輔、藤森慎吾が個性強すぎのブッ飛んだキャラを熱演!
ファイトコレオグラファーとして、世界的アクション監督=アラン・フィグラルズと岡田准一がタッグ、主題歌に世界的歌姫レディー・ガガを招き、邦画の限界を突破する史上最強のエンターテインメントが誕生する!

映画レビュー

レビュー01

 冒頭いきなり凄かった!「音!音!音!」殺し屋、ファブル(V6岡田)が如何にスゴ腕なのかを魅せつける。
1年間の休業中にトラブルに巻き込まれる物語はここから始まった。
ファブルは純粋で単純でギャグ好きな人物、その人物像をは見事に演じきっていた。
殺し屋ファブルを何故だか最後には応援している自分でした。
途中、ジャッカル富岡(宮川大輔)は必見!もっと見たいと思った。
続編「ファブル2」を作って欲しいです。オススメの面白い映画でした。

レビュー02

笑いあり、激しいアクションありの大大大満足な123分。
久々の日本アクションバトル!感動した!!
岡田さんの迫力ある戦闘シーンはSPのドラマを思い出してくれます。
キレッキレの殺し屋は岡田さんの十八番と言えるほどの役柄。
映画の初めから敵をバッタバッタとなぎ倒す圧巻の姿はアクション俳優
は「岡田だ!」と言っているようで見ていてスッキリ!
さすが武道をしているだけあってアクションシーンは、岡田さんの独壇場との言える素晴らしい名シーンとなっていました!
敵対する相手はヤクザ、ヤンキーの役がお似合いの面子をこうも揃えたかと言いたくなるほどの、名優ばかりでもったいないぐらい。
柳楽優弥さん、安田顕さん、佐藤浩市さん、福士蒼汰さんなどなど、個性豊かな人々をズラリと揃えています。
女性陣も可愛らしく時間があっという間すぎるほど夢中になれる作品で
した。次回も期待して待ってるよあれば嬉しい。TVでもやってよ!