2019.7.19 [金] 公開 ※プレゼント

東京喰種 トーキョーグール【S】

配給/松竹
監督/川崎拓也、平牧和彦
脚本/御笠ノ忠次
原作/石田スイ「東京喰種トーキョーグール」
(集英社ヤングジャンプコミックス刊)
出演/窪田正孝 山本舞香 鈴木伸之 小笠原海
白石隼也 木竜麻生 森七菜 桜田ひより
村井國夫/知英 マギー ダンカン 柳俊太郎
坂東巳之助/松田翔太ほか
公開劇場/札幌シネマフロンティア、
ユナイテッド・シネマ札幌ほか

東京喰種 トーキョーグール【S】公式サイト:http://tokyoghoul.jp/

ストーリー

不慮の事故により、人を喰らわないと生きられない【喰種】と人間のハーフになってしまったカネキ(窪田正孝)。葛藤を抱えながらも、トーカ(山本舞香)や喰種たちが集う喫茶店あんていくの仲間たちと、ささやかながらも幸せな毎日を送っていた。そんなある日突然現れた男・月山習(松田翔太)により、【喰種レストラン】に招待されるのだが、彼は美食家<グルメ>と呼ばれる、史上最悪の喰種だった――。
カネキの香りにただならぬ執着を見せ、喰らうためにはどんなことも厭わない月山。その魔の手は、次第に周りにも及び始め・・・。
果たして、大切な仲間たちを守り抜くことができるのか!?喰種VS喰種の壮絶なバトルが、いま、始まる!!!

イントロダクション

2018年7月「東京喰種 トーキョーグール:re」の最終巻(16巻)発売により完結を迎えた、全世界累計発行部数4400万部を誇る超人気コミックス。2017年7月29日には実写映画『東京喰種 トーキョーグール』が世界29ヶ国で公開され今も尚拡大中であり、世界的な大ヒットを記録しています。そんな本作が、新たなスタッフにより進化した実写映画続編『東京喰種 トーキョーグール【S】』として、2019年7月19日(金)に全国公開!

 
「あぁ、君の全てを喰べたい――」
主人公・カネキの前に現れた宿敵・月山。彼は美食家<グルメ>と呼ばれる史上最悪な喰種だった。喰うか、喰われるか――。
様々な思惑が交差する中、互いの生と正義を賭けた、喰種VS喰種のバトルアクションエンタテインメントがいま、幕を開ける。

映画レビュー

レビュー01

上映時間101分の間中、緊張させられた。生か死か、劇中からその殺気が伝わってくる。人間に善人と悪人がいるように、人を食べるグールにも両者が存在する。主人公のカネキはグールでありながら、人の命を奪いその肉を食べることを拒み続ける。一方、美食家グールとして名高い月山は、自己の満足だけで人間を殺す。グールとして成長過程のカネキに月山が注視し始めるのだが、その月山役の松田の狂気度が強烈で、身震いするほど。そして、相いれない思想同士がぶつかり合う壮絶な戦闘シーンは、鳥肌が立つすごさがあった。窪田が演じるカネキの成長以上に、甘いマスクの役者、窪田の覚醒を見ることができる最高の作品だった。

レビュー02

2017年に公開された実写映画の続編に当たり、グールと人間との愛、信頼をテーマにしているのかな。前作は窪田が演じるカネキが半喰種となった青年の運命を謎めいた少女との出会いが交差して、少しずつ認めていく過程であった。今回カネキより周りの人と喰種が中心のようにも見えた。原作の漫画では人気のキャラ松田翔太扮する月山が登場。どんな狂気と変態ぶりを見せてくれるか興味があったが、一言で言えば「トレビアン」(笑)でした。彼の今までに無い役どころも見れて楽しめた。
また今回ヒロインの霧嶋菫香が若手女優・山本舞香に変わり、トーカのアクションシーンにも注目だ。最近見た彼女の映画、テレビよりトーカが私は気に入った。強さの中に影を指す弱さを演じていた。
そしてカネキを含めた3人に絡む人と喰種がいい。そして第3弾もあるかなと臭わせるピエロ集団。早く続きが見たい!個人的に映画の出だしのマギーがきれいでタイトルバックも良かった。

プレゼント

プレゼント01

非売品プレスとオリジナルステッカーのセット  10名様

プレゼント賞品は希少価値が高いものばかりです。

応募は「東京喰種【S】」プレゼント係まで。

下記のプレゼント窓口から奮ってご応募ください!

※当選は発送をもってかえさせていただきます。

2019年7月15日(月)締切