2021.3.19[金] 公開

ミナリ

配給/ギャガ

脚本・監督/リー・アイザック・チョン

出演/スティーヴン・ユァン、ハン・イェリ、ユン・ヨジョン、ウィル・パットンほか

 

公開劇場/札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌

 

ミナリ

公式サイト:https://gaga.ne.jp/minari/

ストーリー

1980年代、農業で成功することを夢みる韓国系移民のジェイコブは、アメリカはアーカンソー州の高原に、家族と共に引っ越してきた。荒れた土地とボロボロのトレーラーハウスを見た妻のモニカは、いつまでも心は少年の夫の冒険に危険な匂いを感じるが、しっかり者の長女アンと心臓に病を持つが好奇心旺盛な弟のデビッドは、新しい土地に希望を見つけていく。まもなく毒舌で破天荒な祖母も加わり、デビッドと一風変わった絆を結ぶ。だが、水が干上がり、作物は売れず、追い詰められた一家に、思いもしない事態が立ち上がる──。

イントロダクション

サンダンス映画祭審査員賞&観客賞をW受賞!オスカー常連のA24とPLAN Bがタッグを組んだ最新作!
『ムーンライト』や『レディ・バード』など作家性の強い作品で今やオスカーの常連となったA24と、『それでも夜が明ける』でエンターテイメントの定義を変えたブラッド・ピットのPLAN Bがタッグを組んだ本作。2020年1月開催の第36回サンダンス映画祭で観客賞とグランプリの2冠に輝いたのをはじめ、各国の映画祭の観客賞を総なめにして快進撃中!さらに、アカデミー賞🄬へと続く重要な賞を次々とおさえ、評論家からも「小津安二郎監督作品のような繊細な人間模様を描いている」と大絶賛。ハリウッド・リポーター誌、ヴァラエティ誌ほか有力誌もこぞってアカデミー賞有力作品として名を挙げ、辛口批評サイトRotten Tomatoesでは完全無欠の100%(12/22現在)を更新中の大注目作。
主人公は、韓国出身の移民の一家。父親は農業で成功したいと夢見てアメリカ南部に広大な土地を買うが、現実は厳しく、一家には様々な困難と予想もしない事件が降りかかる。
父親、ジェイコブに役には『バーニング 劇場版』「ウォーキング・デッド」のスティーヴン・ユァン。監督は、米国有力映画メディア「インディワイア」で「今年最高の監督10人」に、デヴィッド・フィンチャーやスパイク・リーと共に選ばれたリー・アイザック・チョン。新海誠監督の『君の名は。』のハリウッド版の監督として抜擢された大注目の新鋭。

映画レビュー

レビュー01

昔見た懐かしい映画のようだ。最近はあまりみたい美しい映像だと思う。
日本でも昔はこのような映画やTV番組をやっていたなーと思う。私のように年劣ると懐かしいになるが、若い人が見ると新しく見えるのかもしれない。韓国系移民家族がアーカンソーの大地を切り開き、夢を追って生きようとする物語だ。
アメリカへ移住した両親の下、アメリカで生まれ育った姉弟と母方の姑の5人家族が生きていく物語とひとくくりにして良いのか考えさせる映画でもある。父として家族を守り、農場経営で成功を夢を追い続けるジェイコブと母として子どもを守り都会への思いが強いく不平不満を子供の前で垂れ流す妻モニカ。
そんな夫婦は毎日喧嘩ばかり。しっかり者の姉アンと心臓病を患う好奇心旺盛な弟デイヴィッドは、そんな両親をハラハラしながら見守り生活を始める。そんな家族4人の中に破天荒な性格の姑が加わる、子どもたちとなんとかして馴染もうとするがデイヴィッドがには姑の理想の夢がありその違いのギャップに戸惑い毛嫌いもする。そんなと子ども達と姑。農業を進める父、あきらめながらも付いていく妻。
人物描写は全体的にあっさりしていてバックグラウンドの説明も殆ど無いので基本的に自然的に映画には入れた。また見ている内に家族一人一人が好きになれる。そして子ども達がとっても良い。愛くるしいし弟のデイヴィッドとっても可愛い。
日本で見た映画では移民に対する差別や偏見を乗り越える映画が多かったが多かったと思うが、自然に溶け込んでいくこの映画、また家族を中心のストーリーが気持ちよくさせてくれる。ヒューマンストーリーを求めると、拍子抜けしてしまうかもしれない。
トレーラーハウス生活を始める移民家族の物語。だが時代は新しいので日本映画の様な悲観的ではなく前に前にと前進していく映画ではある。文句なく良い作品なのだが…ただ地味と行ってはいけないかもしれないが、この映画の良さは見た後じわじわくる。
子ども達とベビーシッターとしてやってきた祖母の言葉や生活がとっても良く笑えたりもする。私もついつい祖母を思い出してしまった。親とは違う暖かさがこの映画の魅力にもなっているようだ。
ちょっと疲れた人たちに漠然とでも良いのでこの映画を見て欲しい。わずかだけどレモンスカッシュのようにさわやかさを感じる映画だった。

レビュー02

生きていく上で何が大切なのか-。今作はひとつの答えを導いてくれている。誰にでも成功して金持ちになりたい、幸せになりたいという気持ちがあるだろう。主人公ジェイコブ(スティーヴン・ユァン)は、妻モニカ(ハン・イェリ)とともに居場所を求めて韓国からアメリカに移住し、アメリカンドリームを夢見る、今から40年前の話だ。ジェイコブ一家4人がカリフォルニアから新天地のアーカンソー州の田舎にやってくるところから物語が始まる。この時点で容易に苦労するだろう展開が想像できるし、しばらく重苦しい空気が続いていた。しかし、おばあちゃんらしくない破天荒なモニカの母ユン・ヨジュン(スンジャ)の登場で雰囲気が一変し、かなり笑えるシーンが見られるのでお楽しみに。そんな祖母に対して、心臓に病気を持つ末っ子デビット(アラン・キム)はなかなか懐かないが、次第にいいコンビになっていく。この二人の共通点は無償の愛だと思う。主人公のジェイコブは成功する姿を子供にみせたいと願い、モニカは家族と一緒に暮らすことを願う。それぞれの幸せの価値観が異なる中でドラマチックな結末を迎えるが、決してオープンエンディングではないと思う。映画タイトルに込めた家族愛のすばらしさを感じてもらえるはずだ。