2019.8.30 [金] 公開

引っ越し大名!

配給/松竹

監督/犬童一心

原作・脚本/土橋章宏

「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫刊)

出演/星野源、高橋一生、高畑充希、小澤征悦、濱田岳、

西村まさ彦、松重豊/及川光博ほか

公開劇場/札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌ほか

『引っ越し大名!』公式サイト:http://hikkoshi-movie.jp/

ストーリー

姫路藩書庫番の片桐春之介(星野源)は、書庫にこもりっきりで人と話すのが苦手な引きこもり侍。
あるとき、藩主の松平直矩(及川光博)は、幕府に姫路から大分への国替え(引っ越し)を言い渡される。当時の”引っ越し”は全ての藩士とその家族全員で移動するという、桁外れの費用と労力がかかる超難関プロジェクト。
これを成し遂げるか否かは、引っ越し奉行の手腕にかかっている。お国最大のピンチに、いつも本ばかり読んでいるのだから引っ越しの知識があるだろうと、春之介に白羽の矢が立った!
突然の大役に怖気づく春之介は、幼馴染で武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)や前任の引っ越し奉行の娘である於蘭(高畑充希)に助けを借りることに。こうして引っ越しの準備が始まった!

人数10,000人!距離600km!予算なし!?

果たして春之介はこの一世一代のプロジェクトを知恵と工夫で無事に成し遂げ、国を救うことができるのだろうか?!

イントロダクション

主演 星野源 × 原作・脚本『超高速!参勤交代』シリーズの土橋章宏× 監督『のぼうの城』の犬童一心
〈人数:10,000人 移動距離:600km 予算:なし!?〉超難関引っ越しプロジェクト!!
 
『超高速!参勤交代』シリーズで、これまでになかったユニークな視点で時代劇の新しいジャンルを開拓し、大ヒットを収めた土橋章宏原作の傑作時代小説「引っ越し大名三千里」。本作のテーマはなんと“引っ越し”(国替え)!!国替えとは、すべての藩士とその家族全員で引っ越さなければならないため、参勤交代をはるかに上回る費用と労力がかかる無理難題。そんな引っ越しを生涯に7回も命じられ、「引っ越し大名」と呼ばれた実在の大名・松平直矩(なおのり)。その大名のエピソードを基に、お国の一大事を救うため、引きこもり侍の主人公・片桐春之介を中心に姫路藩の藩士たちがあらん限りの知恵と工夫で乗り切ろうと奮闘する、汗と努力と涙と笑いの物語です。

主人公の引っ越し奉行・片桐春之介を演じるのは、俳優・音楽家・文筆家といくつもの顔を持ち、各ジャンルで類まれな才能を発揮して大活躍中の星野源。引きこもりでコミュ障ながらも、本で得た知識を生かして引っ越しを取り仕切り、成長していく春之介を演じます。春之介を引っ越し奉行に推薦し、腕っぷしの強さと豪傑さで春之介を支える御刀番・鷹村源右衛門役には、高橋一生。前任の引っ越し奉行の娘で父親から受け継いだ引っ越しのコツを春之介に指南する於蘭(おらん)役に、高畑充希。また、実在した「引っ越し大名」松平直矩を及川光博が演じるほか、小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊ら超豪華実力派俳優が集結。

映画レビュー

レビュー01

私がこの映画を見た日は暑く、身体と心がどんよりしていた。
仕事も忙しく気分的に疲れていたのかもしれない。いつもの星野源作品なら気軽に見れるかなと思いながら足を伸ばした。上映が始まるとついつい大きな声で笑ってしまった。笑いあり、アクション有り、ロマン有りで痛快な映画だった。久々に笑えて暑さも、身体のだるさも吹き飛んだ。面白い!説明は入らない。疲れている人、暑いと感じる人、恋人と何か映画をと考えている人、今喧嘩をしている人見て下さい。考え方の違いで難局を乗り越えられる。ホットできる。そしてやっぱり大きな声で笑える。映画の楽しさここに有りです。
出演者最高、監督、脚本最高、楽しめました。

レビュー02

引っ越し大名 松平直矩を及川光博がコミカルに傲慢さの無い美男子に上手く演じている。 もし、この人物が傲慢で支配的ならきっとつまらない時代劇で終わっただろうと思った。 主役片桐春之介役の星野源をはじめ、家老の松重豊、主役と幼なじみの髙橋一生などが 生き生きとコミカルに演じているのが必見!大変面白い映画でした。

レビュー03

 引きこもりの侍って、社会風刺か !?  そんな予想を大きく覆す、いい作品だった。作品は封建制度時代の引っ越しの大事業をコミカルに描きながら、人間の平等と公平、何より人への愛で満ちあふれている。それを体現できたのは演者たちの力だろう。
 主人公・片桐春之介役の星野源は、あの優しい風貌そのままで、気が弱く引っ込み思案だがとっても優しい。まさにはまり役だ。春之介の幼なじみ鷹村源右衛門役は、二枚目俳優・高橋一生が超三枚目を演じているギャップが楽しめる。引っ越しを指南する於蘭(おらん)扮(ふん)する高畑充希は、大和なでしこ風モテ系女子で、春之介をハラハラさせる。
 物語は引きこもりだった春之介が引っ越し奉行として奮闘する中、彼の成長と彼の持つ魅力に集まった仲間たちが、引っ越しというお家の窮地を解決していく。チーム春之介に襲いかかる問題や陰謀は、現代社会から見ても考えさせられた。涙あり笑いありの本作は、果たしてどんな結末が待っているのか―。劇場で確かめてほしい。