2019.5.31 [金] 公開

さよならくちびる

配給/ギャガ
監督・脚本・原案/塩田明彦
出演/小松菜奈、門脇麦、成田凌ほか
うた:ハルレオ
主題歌・挿入歌「さよならくちびる」(作詞・作曲 秦基博 Sound Produced by 秦基博)
挿入歌「誰にだって訳がある」「たちまち嵐」(作詞・作曲 あいみょん)
(ユニバーサルシグマ UNIVERSAL MUSIC LLC)
製作国/日本
公開劇場/札幌シネマフロンティア
『さよならくちびる』公式サイト:https://gaga.ne.jp/kuchibiru/

ストーリー

音楽にまっすぐな思いで活動する、インディーズで人気の女性ギター・デュオ「ハルレオ」のレオ(小松菜奈)とハル(門脇麦)だが、付き人シマ(成田凌)が参加していくことで徐々に関係をこじらせていく。全国ツアーの道中、少しずつ明らかになるハル・レオの秘密と、隠していた感情。すれ違う思いをぶつけ合って生まれた曲「さよならくちびる」は、3人の世界をつき動かしていく――。

イントロダクション

大好きだから、さよならを歌う
 
秦 基博、あいみょんの名曲にのせて、
未来への希望を描く【青春音楽映画】誕生!

映画レビュー

レビュー01

むかし観た映画で「クロスロード」って映画があり、その映画は二人(途中三人)でギター修行しながら
おじいさんが若い頃に魂を売ってしまった“分かれ道”を探す旅をする映画でしたが傑作でした。
その映画を思い出しました。あと「ダウン・バイ・ロー」白黒映画も思い出させた今回の「さよならくちびる」
でした。共通して、作品の雰囲気とカット割りが自分好みだったのと、主人公の愚行をお洒落に描いてる点。
また、吸い込まれそうな青空に無音で詩を読ます。最高でした。この映画は傑作です。おすすめです!

レビュー02

年を重ねた私にはハルレオの若き感情がとっても良かった。
ボヘミアン・ラプソディ、アリー/ スター誕生など最近の海外映画トレンド?音楽映画に日本映画界ものったかなと言う人もいるかもしれませんが、日本映画には音楽映画が沢山あります。リンダ リンダ リンダ、ソラニン、BECK他数多くあり一度見ると結構泣けてきます。今回の作品も負けていません。小松菜奈と門脇麦をダブル主演に迎え、居場所を求める若者たちの恋と青春をオリジナル脚本で描いた音楽ロードムービー。インディーズ音楽シーンでにわかに話題を集め始めた2人組女性ユニット「ハルレオ」のハルとレオは、解散を決める。2人はサポート役であるローディの青年シマとともに日本縦断の解散ツアーに出るが、3人は友情を越えた感情を抱いていたが複雑な思いを胸に秘めながら、各地でステージを重ねていくハルレオだが……。「ハルレオ」が歌う主題歌プロデュースを秦基博、挿入歌の作詞・作曲をあいみょんと、それぞれ人気ミュージシャンが楽曲を手がけた。一度テレビで見てみたいし、ライブもみたいと感じた映画です。

プレゼント

プレゼント01

特製ステッカー 5名様