2019.5.17 [金] 公開

居眠り磐音

配給:松竹
監督/本木克英
原作/佐伯泰英「居眠り磐音 決定版」(文春文庫刊)
出演/松坂桃李 木村文乃 芳根京子/柄本佑 杉野遥亮/
谷原章介 中村梅雀 柄本明 ほか
製作国/日本
公開劇場/札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌ほか

『居眠り磐音』公式サイト:http://iwane-movie.jp

ストーリー

友を斬り、愛する人を失った。男は、哀しみを知る剣で、悪を斬る―。
坂崎磐音(松坂桃李)は、故郷・豊後関前藩で起きた、ある哀しい事件により、2人の幼馴染を失い、祝言を間近に控えた許嫁の奈緒(芳根京子)を残して脱藩。すべてを失い、浪人の身となった──。
江戸で長屋暮らしを始めた磐音は、長屋の大家・金兵衛(中村梅雀)の紹介もあり、昼間はうなぎ屋、夜は両替屋・今津屋の用心棒として働き始める。春風のように穏やかで、誰に対しても礼節を重んじる優しい人柄に加え、剣も立つ磐音は次第に周囲から信頼され、金兵衛の娘・おこん(木村文乃)からも好意を持たれるように。そんな折、幕府が流通させた新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれ、磐音は江戸で出会った大切な人たちを守るため、哀しみを胸に悪に立ち向かう──。

イントロダクション

平成が終わり、新元号を迎える
日本に新英雄が誕生!
 
佐伯泰英の最高傑作であり、<平成で最も売れている時代小説シリーズ>として累計2000万部を突破する「居眠り磐音」が日本を代表する豪華俳優陣とスタッフにより完全映画化される。主人公・坂崎磐音役には、日本映画界を代表する俳優・松坂桃李。優しく穏やかだが実は剣の達人である磐音を、本作で"時代劇初主演"となる松坂が見事に演じ切った。

映画レビュー

レビュー01

どんな時代の、どんな役柄でも松坂桃李はかっこいい。初時代劇とは思えないほどの見事な太刀さばきは圧巻。殺陣の血しぶきは本当にリアル。醜い嫉妬や野心の中で、2人の切ない恋はあまりにも切なく痛々しい。陰謀の結末は、そして運命の二人が行く末は。劇場でぜひ確かめてもらいたい。

レビュー02

真実ではない噂話から運命の歯車が狂い、幼い頃からの友を斬るという悲しい事件を背負う磐音。穏やかで謙虚な人柄は悲しい過去を背負った凄腕の剣の達人とは思えないほど。深い悲しみと忘れられない思いを内に秘めながら生きる磐音と、将来の約束をしながらも運命に翻弄された奈緒とのラストシーンは感動的。
柄本明の凄みのある演技も圧巻でした。

プレゼント

プレゼント01

ブックカバー 3名様