2019.9.20 [金] 公開

アイネクライネナハトムジーク

配給/ギャガ

監督/今泉力哉

原作/伊坂幸太郎
「アイネクライネナハトムジーク」(幻冬舎文庫)

音楽/斉藤和義

出演/三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬、
森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久/貫地谷しほり、
原田泰造
119分

公開劇場/札幌シネマフロンティア、
ユナイテッド・シネマ札幌ほか

『アイネクライネナハトムジーク』公式サイト:

https://gaga.ne.jp/EinekleineNachtmusik/

ストーリー

仙台駅前。大型ビジョンには、日本人のボクシング世界王座をかけたタイトルマッチに沸く人々。そんな中、この時代に街頭アンケートに立つ会社員・佐藤の耳に、ふとギターの弾き語りが響く。歌に聴き入る紗季と目が合い思わず声をかけると、快くアンケートに応えてくれた。二人の小さな出会いは、妻と娘に出て行かれ途方にくれる佐藤の上司や、分不相応な美人妻と可愛い娘を持つ佐藤の親友、その娘の同級生家族、美人妻の友人で声しか知らない男に恋する美容師らを巻き込み、10年の時をかけて奇跡のような瞬間を呼び起こす─

イントロダクション

あの時、あの場所で出会ったのが
君で本当に良かった。

原作:伊坂幸太郎×主題歌・音楽:斉藤和義×監督:今泉力哉
豪華かつフレッシュなキャスト陣で贈る、愛にあふれた〈出会い〉
についてのラブストーリー

映画レビュー

レビュー01

 おそらくこの映画を見終わった人は必ず、自分の大切な人(配偶者や恋人など)の顔を思い浮かべながら、こうつぶやくだろう。「この人でよかった」
 本作は主人公の佐藤(三浦春馬)と本間紗季(多部未華子)を中心とするさまざまな男女のラブストーリー。
 舞台は仙台。イケメンなのに恋愛ベタな佐藤は「出会いがない」「きっかけがあれば」と、最初の一歩が踏み出せない。大学時代の友人、織田一真(矢本悠馬)と由美(森絵梨佳)夫妻に恋愛相談する。ある日、佐藤は仙台駅前で偶然紗季と出会う。ちょうどそのとき、駅前では日本人初のヘビー級ボクシング世界チャンピオン誕生で盛り上がり、多くの人が勇気づけられた。そこから佐藤と紗季を中心に2人の周囲でさまざまな恋愛ドラマが始まる。
 出会いから10年。2人の周囲は結婚や離婚、初恋などが展開する。しかし、2人の関係は時間だけが過ぎていた。本当に愛する人がそばに居てくれて、でも、それが普通過ぎて。振り返ってみたときに、主題歌「小さな夜」とともに2人の時間が動きだすのか…。
この作品は、私の心をほっこりさせてくれた。