2019.10.11 [金] 公開

英雄は嘘がお好き

配給/松竹

監督・脚本/ローラン・ティラール

出演/ジャン・デュジャルダン、

メラニー・ロランほか

製作国/フランス 91分

公開劇場/札幌シネマフロンティア

『英雄は嘘がお好き』公式サイト:

http://eiyu-uso.jp/

ストーリー

1809年、フランスのブルゴーニュ。裕福なボーグラン家の長女・エリザベットには、戦地から還らない婚約者を待つ健気な妹・ポリーヌがいた。気の毒に思ったエリザベットは差出人を彼と偽り自分で書いた手紙を妹に届け続ける。その婚約者・ヌヴィル大尉を第一線で大活躍の末に戦死したことにして3年が経ったある日。エリザベットは街で偶然ヌヴィルに遭遇し、大慌て! 家族を騙したことを隠したい姉、恋人の再登場にときめく妹、伝説の英雄の帰還に沸く街の人々。心中穏やかでないエリザベットの心配をよそに、ヌヴィルはこの偉大なる「嘘」を利用して一儲けしようと目論む。偽の英雄が巻き起こす、ロマンスと騒動の結末はいかに…?

イントロダクション

『アーティスト』のプロデューサーが贈る、豪華絢爛なロマンティック・コメディ!

1809年のフランス・ブルゴーニュを舞台に、『おとなの恋の測り方』に続いてローラン・ティラール監督との再タッグを果たしたオスカー俳優ジャン・デュジャルダンと、コメディ初挑戦のメラニー・ロラン、二大スターの夢の共演。

映画レビュー

レビュー01

 この作品は誰が観てもクスッと笑えるラブコメディー。ブルーな気分を解消するにはうってつけだろう。その理由はギャップにある。主演を務めるコメディー界のスターであり、映画「アーティスト」でアカデミー賞主演男優賞に輝くジャン・デュジャルダンと、美しき実力派女優のメラニー・ロランの二人の容姿は格好良くすてきのひと言。だが、物語では体臭が強烈だったり、池に落ちたりとかなりコミカルに描かれている。
 フランス軍の大尉ヌヴィル(ジャン)は、エリザベット(メラニー)の妹ポリーヌの婚約者。見かけは立派だが性格はいいかげん。エリザベットは美人で妹思いの優しい姉だが、性格がきつく少々潔癖性 !?  まさか水と油のような二人が…、という展開にハラハラドキドキさせられる。
 波瀾(はらん)万丈の人生のような本作は、人間のさまざまな欲望をラブコメディーに仕立てている。しかし、一方で自分の居場所探しや自己再生、自己発見が描かれているようにも思える。気になる二人の行く末は―。白馬にまたがったヌヴィル大尉の行き先に注目して欲しい。

レビュー02

 この映画を観て改めて、私はフランス映画が好きだ。特に洒落たラブコメディーがどの国の映画より軽いタッチで、ちょっとHなところもあってクスッと笑わせてくれる。「愛しきフランス映画よ万歳」と叫びたい。
200年前のフランスで繰り広げられる落語の世界を映画にしたようなこの作品、オシャレな物語かな?いえいえ騙す方も騙される方も皆んな一生懸命で憎めない人たち。迷った顔、怒った顔、笑顔の顔、驚く顔が可愛く心を奪われるメラニー・ロランの演技と、嘘を嘘と思わず、語り動くジャン・デュジャルダンの大人の余裕が愉快で心に刺さる!
妹、そしてボーグラン家を助け守ろうとする姉と、ちゃらんぽらんな男の恋の顚末まで続く軽快なエンターテインメントに心踊りました。
“嘘は罪”と言いますが、嘘をついているつもりは無く、“嘘も方便”と信じてついた嘘の行くへはどこに。
納得の結末を迎えるのがいい。絶対こうなると思ったらやはり、想像どうりフランス映画はこれがいい。大人の時間をあたたかく包んでくれます。