2019.11.8 [金] 公開

ひとよ

配給/日活

監督/白石和彌

原作/桑原裕子「ひとよ」

出演/佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、佐々木蔵之介・

田中裕子ほか

123分 PG12

公開劇場/札幌シネマフロンティア、

ユナイテッドシネマ札幌ほか

 

『ひとよ』公式サイトhttps://hitoyo-movie.jp/

ストーリー

どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛した夫を殺めた。それが、最愛の子どもたち三兄弟の幸せと信じて。そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った。

時は流れ、現在。次男・雄二(佐藤健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は、事件の日から抱えた心の傷を隠したまま大人になった。抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。そんな一家に母・こはるは帰ってくる。15年前、母の切なる決断とのこされた子供たち。皆が願った将来とはちがってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先は――。

イントロダクション

壊れた家族は、繋がれますか――。
あの夜、母は父を、殺した。子どもたちの幸せと信じて――。
15年後、母が、返ってきた。

『凶悪』を世に送り出して以降、毎年のように作品・監督・俳優賞を中心に国内賞レースを席巻し、いま俳優たちが最も出演を熱望する映画監督のひとり、白石和彌監督の最新作。どしゃ降りの雨降る夜、ある家族に起きたひとつの事件。それは、母親とその子どもたち三兄妹の運命を激変させた。その夜から、心の傷を抱えたまま別々の人生を歩んだ家族は、15年後に再会。葛藤と戸惑いの中で、一度崩壊した家族の絆を取り戻そうともがき続けた先に訪れる結末とは―――。