2019.12.20[金] 公開

ヒックとドラゴン 聖地への冒険

配給/ギャガ、東宝東和

監督/ディーン・デュボア

原作/クレシッダ・コーウェル(『ヒックとドラゴン』シリーズ)

公開劇場/札幌シネマフロンティア、

ユナイテッド・シネマ札幌ほか

 

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』公式サイト:

https://gaga.ne.jp/hicdragon/

ストーリー

かつてドラゴンは人間の敵だった。弱虫のバイキングの少年“ヒック”と、傷ついたドラゴン“トゥース”の活躍で彼らは共存する道を選び、バーク島で平和に暮らしていた。だが、ドラゴンが増え続けたバーク島は定員オーバー!亡き父の跡を継ぎ、若きリーダーに成長したヒックは、島を旅立ち、みんなと新天地を探し求める決断をする。しかし、大移動の旅の途中、最凶のドラゴンハンターに命を狙われ、“トゥース”の前には白い謎のドラゴン“ライト・フューリー”が姿を現す…。そして彼らが辿り着いたのは、人間は住めないドラゴンたちだけの<隠された王国>だった―! “ヒック”と“トゥース”は別れる運命なのか?今、人間とドラゴンの友情が試される―。

イントロダクション

『ボス・ベイビー』で世界中に笑いと感動を届けた
ドリームワークス最新作

映画レビュー

レビュー01

新作は映画館で観なければ損すると思うほど、スケールが大きかった。CGアニメながらそのリアルな世界に圧倒された。物語は児童文学「ヒックとドラゴン」シリーズを映画化。よくぞ、映画にしてくれたと、感謝したいほど映像が美しい。特にキラキラ輝くドラゴンの瞳、タイトルになっている聖地の描写は心を奪われる。
大人から子供まで楽しめる今作は、人間とドラゴンの共存と、主人公ヒックとトゥースの友情と成長、そして魅力あるキャラクターたちとが織りなす冒険アドベンチャー。
見どころ満載の作品は感動の連続だった。

レビュー02

CGの進化も感じられました。1作目がおよそ10年前なので、なんか一緒に成長してきた感じで感動。
ストーリー展開は割と王道ではありますが、初めて観る人でも十分楽しめること請け合い。
「1作目」はひ弱な少年ヒックが、一人前のバイキングと認められるまで。
「2作目」では青年ヒックが、族長の資質を得るまでで、同時に相方のトゥースもドラゴンの王へと共に成長していく話になっていた。
今作は彼らに恋の季節と選択の時やって来る。とても美しく感動的だった。
それぞれが主人公の人生のステップを描き、全体で一作一幕の見事な演出で、監督の才能が見えるところである。この映画の原作、そして監督にまずは拍手。
アニメだとかおとぎ話だろ!と言わずまずはご覧下さい。見終わった後「1」・「2」も見たくなります。
私としては映画の前にDVDで見てから行くと最高です。(後から見ても最高ですが!)
映像美も美しく大スクリーンで観ることがオススメです。最高のクリスマス・お正月プレゼントになる作品です。