2020.1.17[金] 公開

記憶屋 あなたを忘れない

配給/松竹

監督/平川雄一朗

原作/織守きょうや「記憶屋」

出演/山田涼介、芳根京子、蓮佛美沙子、

佐々木蔵之介ほか

 

公開劇場/札幌シネマフロンティア、

ユナイテッド・シネマ札幌ほか

 

「記憶屋 あなたを忘れない」

公式サイト:https://kiokuya-movie.jp/

ストーリー

人の記憶を消せる”記憶屋”っていう人がいるらしい――。大学生の遼一(山田涼介)は、恋人・杏子(蓮佛美沙子)と幸せな日々を送っていたが、ある日、杏子から遼一の記憶だけが無くなってしまう。遼一は都市伝説的な”記憶屋”のことを知り、弁護士の高原(佐々木蔵之介)と幼馴染の真希(芳根京子)とともに、杏子が記憶を失った原因を探すことに。記憶屋の正体に近づくにつれ、遼一は多くの人が記憶屋に人生を救われていることを知る。だとしたらなぜ杏子の中から遼一の記憶だけが消えたのか。記憶をめぐる様々な愛を知り、彼らがたどり着いたその先には、運命を大きく変える真実があった―。

イントロダクション

刊行以来「泣けた」「感動した」「心震えた」と絶賛口コミが殺到した
織守きょうやの原作「記憶屋」が映画化!

監督には映画『ツナグ』『僕だけがいない街』、ドラマ「JIN-仁-」「天皇の料理番」「義母と娘のブルース」など次々と話題作の映像化作品を手がける平川雄一朗。主演には『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で等身大の青年を演じきった山田涼介。共演には芳根京子、佐々木蔵之介、蓮佛美沙子、田中泯、杉本哲太、佐々木すみ江、泉里香、ブラザートムなど、日本映画界には欠かせない唯一無二のキャストが集結。豪華キャストスタッフによる「記憶に残る作品」が誕生する。

映画レビュー

レビュー01

 織守きょうや原作「記憶屋」が感動あふれる映画に仕上がった―。なぞの記憶屋は「都市伝説」「怪人」、それとも「脳科学者」…。その正体は…。主人公の吉森遼一(山田涼介)は、恋人の澤田杏子(蓮佛美沙子)から遼一の記憶だけがなくなる不思議な出来事に遭う。遼一は必死に恋人の記憶を取り戻そうとする中、幼なじみの河合真希(芳根京子)と弁護士の高原智秋(佐々木蔵之介)とともに「記憶屋」を探し始める。
 これまで人の記憶を扱った作品はさまざまあったが、本作は「記憶屋」が巧妙な映像でミステリアスに表現され、観客が自然と作品の中に引き込まれていく感覚になる。
 あるシーンで遼一は記憶の大切さを訴えるが、果たしてそうなのか―。今作は世の中の理不尽な出来事や憎しみ、悲しみなど忘却することで救われることもあると、我々に投げかけている。ただ、その根底にあるのは、相手を思う〝愛〟なのだろう。演者たちはそれらを見事に演じ切っている。
 どんな結末になるのか―。そして、あなたは「記憶屋」の存在を信じますか !?

レビュー02

 この映画を見ると優しく、切ないヒューマンラブストーリーだと感じた。
 この映画は私にほんの少し心の安らぎを与えてくれた。この想いは忘れたくない。本当に(ここは強調したい)記憶とは消した方がいいのか、辛く、苦しい記憶やいやな記憶を忘れ生活をすれば幸せか?主人公の吉森遼一(山田涼介)はどんなに辛く苦しくともそれが人を育てると考える。恋人の澤田杏子(蓮佛美沙子)は遼一の記憶だけ消されて生活をしていた。元に戻すため遼一は「記憶屋」を探す。調べていく内に記憶屋が本当に悪い人物なのか、消された記憶は、本当は…
 出会う人々の悩みや想いが遼一を縛っていく。そして本当に「記憶屋」はいるのか?
実際の世の中にはそんな話はないが、もしあったら消したい記憶はあるのだろうか。人によっては記憶を消すことによって、その人にとっては心が救われることになるのかもしれない。しかしいくら消したい記憶があったとしても、それを消したところで事実は残るわけなので、そこに凄く矛盾を感じる。本人に記憶が無くても、周りの人たちの記憶は消えてはいない。この映画に出てくる人たちは本当にいい人たちだ。でも記憶が消せたり、無くしたりしたらちょっと切なく感じた。
 遼一と杏子の運命はそして二人を見守る人たちは…
 本当にいい映画でした。