2020.1.31[金] 公開

母との約束、250通の手紙

配給/松竹

監督・脚本/エリック・パルビエ

出演/ピエール・ニネ、シャルロット・ゲンズブール、

ディディエ・ブルドン、

ジャン=ピエール・ダルッサン、

キャサリン・マコーマックほか

製作国/フランス・ベルギー

131分 R15+

公開劇場/札幌シネマフロンティア

 

「母との約束、250通の手紙」

公式サイト:https://250letters.jp/

ストーリー

思い込みが激しく負けん気の強いシングルマザーのニーナ。彼女は息子のロマンがフランス軍で勲章を受けて外交官になり、大作家になると信じてその才能を引き出すことに命を懸けていた。母と共にロシア、ポーランド、ニースに移り住んだロマンは、その溺愛の重圧にあえぎながらも、幼い頃に母と取り交わした「約束」を果たすべく、いよいよ努力を惜しまないようになっていく。ニーナは、自由フランス軍に身を投じ病に倒れ生死の境目を漂うロマンの下へも、激励の手紙を送り続けた。ついにロマンはパイロットとして活躍し、同時に念願の小説が出版されることに。しかし相変わらず届き続けるニーナの手紙には、なぜか息子の作家デビューを喜ぶ様子はなく-。

イントロダクション

セザール賞4部門ノミネート‼動員100万人を超える大ヒットを記録。

フランスの三島由紀夫とも評される伝説の文豪ロマン・ガリ。その波乱万丈で数奇な人生を描いた自伝『夜明けの約束』を、本作でセザール賞にノミネートされたシャルロット・ゲンズブールと、俊英ピエール・ニネという豪華共演で映画化。破天荒ながらも強い愛情を息子に注ぐ母親と、母の途方もない夢を叶えようと邁進する息子。あなたがいたから、僕がいる。激動の時代に翻弄されながらも、強すぎるほどの絆で、互いの存在だけを頼りに生き抜いた母と息子。想像もしないラストに涙する感動エンタテインメント。