2020.2.8[土] 公開 【1月17日(金)全国ロードショー】

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり

配給/ギャガ

監督/トム・ハーパー

出演/フェリシティ・ジョーンズ『ビリーブ 未来への

大逆転』、エディ・レッドメイン『ファンタスティック・

ビーストと魔法使いの旅』、 ヒメーシュ・パテル『イエ

スタディ』、トム・コートネイ『さざなみ』

製作国/イギリス 101分

 

公開劇場/1/17(金)イオンシネマ江別

2/8(土)シアターキノ

 

「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」

公式サイト:https://gaga.ne.jp/intothesky/

ストーリー

舞台は1862年、ヴィクトリア朝時代のロンドン。気象実験のため、気球で前人未到の高度世界記録に決死の覚悟で挑んだ2人の、知られざる実話を描く。主演のフェリシティ・ジョーンズは【自由な気球乗り】アメリア、エディ・レッドメインは【堅物の気象学者】ジェームズを演じる。正反対の性格で対立ばかりのアメリアとジェームズは、共に飛行していく中で次第に心を通わせ、共に困難に挑んでいく。しかし高度が上がるにつれ、予想だにしない出来事が2人を待ち受けていた―。

イントロダクション

『博士と彼女のセオリー』のふたりが再び、奇跡の共演!
高度12,000メートルを体感!気球で人類の限界に挑む2人の運命は―
興奮と感動の実話。

圧倒的迫力で魅せるカメラワーク、驚異の映像。今から約150年前の信じがたい実話を映画化した本作。いち早く上映されたトロント国際映画祭など、世界のメディアでは『セロ・グラヴィティに続く劇場体感型映画!』(IndieWire)『想像を絶する圧倒的臨場感』(The List)など絶賛評が続き、また上空でもアクションシーンが多い主演フェリシティ・ジョーンズについて、『ここまでフェリシティが身体を張る女優とは。間違いなく彼女の代表作の一本』(The Playlist)など、キャストに対する好評価も続々発表されるなど話題となっている。監督のトム・ハーパーは、『実際に気球に乗っているような感覚になってもらえるように作った。ぜひ大きなスクリーンで手に汗握る興奮の体験をして欲しい』と語っているように、まさに映画館での体感型エンタテインメント!
好奇心と勇気が想像を超える未来を連れてくることを教えてくれる、臨場感を限界まで極めた体感型アドベンチャー、遂に上陸。