2020.3.13[金] 公開

ジョン・F・ドノヴァンの死と生

配給/ファントム・フィルム/松竹

監督/グザヴィエ・ドラン

出演/キット・ハリントン、ナタリー・ポートマン、

スーザン・サランドン、ジェイコブ・トレンブレイ

、キャシー・ベイツほか

製作国/カナダ・イギリス合作 123分

PG12

 

公開劇場/札幌シネマフロンティア

 

「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」

公式サイト:http://www.phantom-film.com/donovan/

ストーリー

美しきスターが、死んだ。
一人の少年との”秘密の文通”により明かされる、死の真相。
2006年、ニューヨーク。人気俳優のジョン・F・ドノヴァン(キット・ハリントン)が29歳の若さでこの世を去った。自殺か事故か、あるいは事件か。謎の真相の鍵を握るのは、11歳の少年ルパート・ターナー(ジェイコブ・トレンブレイ)だった。それから10年の歳月が過ぎ、ジョンとルパートがかつて交わした “秘密の文通”が一冊の本として出版される。今では注目の新進俳優となったルパートが、100通以上の手紙の公開に踏み切ったのだ。さらにルパートは、著名なジャーナリストの取材を受け、すべてを明かすと宣言するのだが──。

イントロダクション

豪華キャストの最高峰の演技×圧倒的な映像センス
ドラン自身が集大成と語る、“人生の真実”を描いた愛の物語

2009年。19歳の才能に世界は一瞬で魂を奪われた。その後『Mommy/マミー』でカンヌ国際映画祭審査委員賞を受賞し、前作『たかが世界の終わり』でカンヌ国際映画祭グランプリに輝いた。そして今、初の英語作品となる本作を誕生させた。着想から10年の時を経て、満を持して挑んだ本作は、幼き日のドラン少年が“憧れのスター”レオナルド・ディカプリオに宛てた手紙から生まれた物語。ジョンには、TVシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」のキット・ハリントン。ジョンの心の支えとなっていく少年ルパートに、『ルーム』で絶賛された天才子役ジェイコブ・トレンブレイ。脇を固めるのはナタリー・ポートマン、スーザン・サランドン、キャシー・ベイツら豪華オスカー女優たち。さらにアデル、ザ・ヴァーヴなどの音楽、ほとばしる感情に揺れる映像で、美しきスターの光と影に迫る。デビューから一貫して描き続けてきた「母と息子」というテーマにおける集大成だと監督自身が語る最新作が遂に幕を上げる。