2020.7.17 [金] 公開

ブリット=マリーの幸せなひとりだち

配給/松竹

監督/ツヴァ・ノヴォトニー

出演/ペルニラ・アウグスト、ペーター・ハーバーほか

原作/フレドリック・バックマン「ブリット=マリーは

ここにいた」(坂本あおい訳/早川書房刊)

製作国/スウェーデン

97分

公開劇場/札幌シネマフロンティア

 

 

ブリット=マリーの幸せなひとりだち

公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/bm/

ストーリー

63歳・笑わない主婦。ある日スーツケースひとつで自分の人生を探す旅に出る。
スウェーデンに住むブリット=マリーは63歳の専業主婦。結婚して40年、家事を完璧にこなすだけの毎日で、いつしか笑顔を忘れていた。ある日、夫に愛人がいることがわかり、一大決心をして家を飛び出すことに。やっとのことで見つけた仕事は、小さな町の荒れ果てたユースセンターの管理人だった。しかもいつのまにか子供たちの弱小サッカーチームのコーチまで任されることに。初めて尽くしの彼女は、やんちゃ盛りなチーム員たちにはナメられっぱなし。だが個性豊かな住民たちに助けられ、不器用ながらも少しずつ笑顔を取り戻していく。 そんなある日、突然夫が迎えに来て―。

イントロダクション

累計1000万部突破、46ヵ国以上で出版されたベストセラー作家の最新作!

大ヒット作『幸せなひとりぼっち』の原作者フレドリック・バックマンによる小説「ブリット=マリーはここにいた」を映画化。映画祭で注目の若手女性監督ツヴァ・ノヴォトニーが、スウェーデンの国民的女優ペルニラ・アウグストを主演に迎え、本国で初登場1位の大ヒットを記録した。「夫のために生きる安泰な人生」と「自分のための波乱万丈な人生」、果たしてどちらにブリット=マリーの幸せはあるのか?北欧らしくカラフルに彩られた、第二の人生に踏み出そうとする人を応援する再出発奮闘記!