2020.8.28[金] 公開

事故物件 恐い間取り

配給/松竹

監督/中田秀夫

脚本/ブラジリィー・アン・山田

原作/松原タニシ「事故物件怪談 恐い間取り」(二見書房刊)

出演/亀梨和也、奈緒、瀬戸康史/江口のりこ、MEGUMI、真魚、滝川英次、木下ほうか/有野晋哉・濱口優(友情出演)ほか

 

公開劇場/札幌シネマフロンティア、

ユナイテッド・シネマ札幌ほか

 

事故物件 恐い間取り

公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/jikobukken-movie/

ストーリー

TV番組への出演を条件に、「事故物件」で暮らすことになった芸人の山野ヤマメ(亀梨和也)。その部屋で撮影した映像には白い“何か”が映っていた…。
番組は盛り上がり、ネタ欲しさに事故物件を転々とするヤマメ。しかし人気者になっていく一方、次々と怪奇現象に巻き込まれていく。そしてある事故物件で、ヤマメの想像を絶する恐怖が待っていた――。

イントロダクション

「事故物件」…それは殺人・自殺・火災による死亡事故等があった“いわくつき”の部屋。そんな「事故物件」に住み続けている1人の芸人がいる。彼の名は松原タニシ。<事故物件住みます芸人>として活動するタニシ氏の実体験による著書で、「恐すぎて部屋に入れない」読者が続出したベストセラーノンフィクション「事故物件怪談 恐い間取り」が映画化!8月28日(金)より全国公開となります。

 本作の映画化にあたり主演を務めるのは、KAT-TUNのメンバーとして絶大な人気を誇り、数々のドラマ・映画にも出演する亀梨和也。物語の主人公で、あるきっかけから事故物件に住み始める芸人・山野ヤマメを演じます。またホラー映画には本作で初出演となります。監督には『リング』(98)や『スマホを落としだだけなのに』(18)のヒットも記憶に新しいホラー映画の巨匠・中田秀夫。

 またベテランから若手まで個性豊かな豪華キャストが集結。ヤマメを密かに応援するメイクアシスタント・小坂梓を奈緒が演じ、お笑いコンビ・ジョナサンズでヤマメの相方・中井大佐を瀬戸康史が演じます。
さらに江口のりこ、木下ほうか、MEGUMI、真魚、瀧川英次、宇野祥平、高田純次、小手伸也ら豪華キャストに加え、有野晋哉、濱口優、団長安田、クロちゃんをはじめとした松竹芸能の芸人が多数出演。

事故物件に住んだら一体どうなるのか!?そこで起こった想像を絶する恐怖とは?

映画レビュー

レビュー01

 この映画は怖いです。ドキドキします。ハラハラします。アイドルの亀梨が売れない芸人、ヤマメを演じている。えっ、アイドルが?! と少しギャップを感じながら鑑賞開始。
 やっぱり、どんな役でも亀梨はかっこいい。作品は恐いのだが、彼が画面に出ていることで日常を感じられ、しばらくは怖さを排除できていた。しかし、その穏やかな気持ちは、物語の根幹であるTV番組出演の条件として事故物件で暮らす企画が始まると一転した。見えない影が亀梨、いやヤマメに迫るが、彼は気付かない。しかし、我々観客には見えている。窓の外、廊下、部屋の隅に、それがいる。鳥肌が立つ、そんなもんじゃないほど怖いのだ。さらに、ヤマメに好意を持つ梓(奈緒)は霊が見える能力がある。彼女に見えている映像を通して、館内はさらなる恐怖に包まれ、戦慄が走った。ホラー映画の巨匠・中田秀夫監督が作り出す異次元の恐怖に、私の視線は次第に前の席を盾にせざるを得なかった。
 物語の後半、下積み歴10年のヤマメは番組が話題になり売れていく。実際の亀梨とは真逆だが、這い上がろうとする芸人の必死さの演技は、本物だった。ただ成功をつかみ始める一方で大切なものを失っていく。それを待っていたかのように、“あいつ”がヤマメの前に現れる。そして、ラストでは“あいつ”とヤマメが……。結末の前にとっておき情報として、亀梨のシャワーシーンが必見です!

レビュー02

 中田秀夫監督作品でまず興味を持った。「リング」「貞子」「仄暗い水の底から」「ラストシーン」「クロユリ団地」など忍び寄る怖さ…を見ている人に伝える「伝道師」の監督として私は見ている。
この映画は中田監督の作品としたら恐怖をあまり感じない作品と、はじめは思っていた。
KAT-TUNの亀梨和也が主人公なのであまり恐怖感を出さないのではと思ってみていたが、事故物件の二軒目、三軒目と恐怖感がましていき…率直に言ってこの映画面白かった。
 私が昔、泊まったホテルの部屋に感じた一種の恐怖がこの映画でよみがえってきた。
そのホテルでは一睡も出来ず、電気をつけたまま、小説を読んだりしていたが最終的に部屋を変えてもらった事を思い出した。どこのホテルだったかは思い出せないが正直、怖かった。
 この映画の怖いところは主人公の体験によって周りの人にも影響が出てくることだ。この様な物件が沢山あるとは思わないが、実際にあるのはやはり怖い。主人公の亀梨はいい味を出していて今までの2枚目役ではないが3枚目にもならない絶妙な演技で好感が持てた。できればもう少し3枚目の方が恐怖とのバランスが良かったかな。
 この映画のヒロイン小坂梓役の「奈緒」が私は好きな女優でとっても良い。
透明感のある女性で今まで出演している作品にも彼女の良さをよく現れていたが、この作品にもその良さを見せている。そんな彼女の恐怖に驚く顔がとっても素敵で、チャーミングだった(笑い)。CMで雨に好かれている男性の恋人役の彼女。晴れていても二人だけ雨に濡れる相合い傘。そんな違う姿をTVで見て心が弾んだ、これからも多くの作品で彼女に会うことがあるだろう。
 映画を見終わり、家に帰るとついつい家の天井・壁・トイレ・風呂など気にしている自分にこの映画の良さがあります。
暑い夏、コロナ対策をして見に行って下さい。一時暑さも忘れ楽しめること保証します。