2019.5.31 [金] 公開

パラレルワールド・ラブストーリー

監督/森義隆
原作/東野圭吾「パラレルワールド・ラブストーリー」
(講談社文庫)
出演/玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太ほか
製作国/日本 108分
公開劇場/札幌シネマフロンティア、
ユナイテッド・シネマ札幌ほか

『パラレルワールド・ラブストーリー』公式サイト:http://parallelworld-lovestory.jp

ストーリー

ある日突然、崇史(玉森裕太)が迷い込んだ2つの世界。1つの世界では、愛する麻由子(吉岡里帆)と自分が恋人同士。
しかし、もう1つの世界では麻由子が親友の智彦(染谷将太)の恋人に…。
混乱する崇史の前に現れる、2つの世界をつなぐ【謎】の暗号。
目が覚めるたびに変わる世界の中で、真実にたどりつけるのか――

イントロダクション

真実の世界は、どっちだ?
<世界>が変わりまくる、驚愕の108分!
この愛の謎が解けるか
 
累計発行部数150万部を超える東野圭吾のベストセラー小説「パラレルワールド・ラブストーリー」。これまで映像化不可能と言われて続けてきた本作が、ついに待望の映画化!

映画レビュー

レビュー01

小説界のヒットメーカー東野圭吾の映画化はやはり頭フル回転で、すごかった。若い男女の三角関係と想定外の記憶のパラレルが見事。主人公の崇史を演じる玉森裕太の熱演は必見。愛を舞台に人間の願望と現実とのがせめぎ合い、そして行き来する記憶の交差がスリリングだ。崇史の恋人 !?
麻由子は誰の恋人なのか、どちらの世界が本当なのか。真実を求めて、最初から最後までくぎ付けになる作品だ。

レビュー02

東野圭吾原作の作品なのでかなり期待して映画を観ました。
冒頭シーンがキーになるのでは?とワクワク。2つの世界が同時に進んでいく物語、しかも外見も変わらない展開なので頭をフル回転させながら“えっ今のシーンってどっちの世界?”と分からな過ぎる時間がなぜか心地よく楽しめました。
麻由子役の吉岡里帆は可愛かったです。

レビュー03

原作:東野圭吾。 それだけでも「見たら」と言える今のブームに乗ってみた。
私がパラレルワールド・ラブストーリーを見たかったのは、本の結末にもやもや感があった終わり方だったので、映画はどうか?楽しみにしていた。さすがに映画はまとめてくれました。もう少しひねりが欲しいかなと思いましたが、見終わって10分もたてばこれで良かったんだと納得する自分がいた。作品には多くの俳優、女優がいたが、見終わると3人の物語でもあり、時を前後左右使ったオペラ映画でもありました。
画像も粗くなったりして何か、観客にヒントまたは語りかけてくるのが新鮮でした。若手三人のこの映画はこれからの日本映画界のプロローグなのかもしれません。
令和の時代にこのような映画がスタートするのは嬉しいことです。

プレゼント

プレゼント01

鑑賞券 3名様

プレゼント02

特製メモ帳 5名様