2021.1.1[金] 公開

新感染半島 ファイナル・ステージ

配給/ギャガ

監督/ヨン・サンホ

出演/カン・ドンウォン、イ・ジョンヒョン、クォン・ヘヒョ、キム・ミンジェほか

製作国/韓国 116分

 

公開劇場/未定

 

新感染半島 ファイナル・ステージ

公式サイト:https://gaga.ne.jp/shin-kansen-hantou/

ストーリー

パンデミックが半島を襲ってから4年後。香港に逃げ延びていた元軍人のジョンソク(カン・ドンウォン)は、ある任務を遂行するために半島に戻ってくる。任務とは、チームを組み3日以内に大金が積まれたトラックを回収して半島を脱出すること。チームはウイルスにより凶暴化した人間たちから逃れ、順調にトラックを手に入れるも、突如とし631部隊と呼ばれる民兵集団に襲われてしまう。トラックも奪われ、危機一髪となったジョンソクを救ったのはミンジョン(イ・ジョンヒョン)母娘。そして、彼らはともに半島を脱出するために協力することになり・・・。

イントロダクション

『新感染 ファイナル・エクスプレス』から、4年後。荒廃した‘半島’を舞台に描くノンストップ・サバイバル・アクション!
2016年、カンヌ国際映画祭でのワールドプレミアで驚愕と絶賛の嵐を巻き起こし、世界各国で大ヒットを記録した『新感染 ファイナル・エクスプレス』。あれから4年、壮大な舞台に怒涛のカーチェイス、逆転に逆転を重ねるストーリー、前作を遥かに凌ぐ、すべてがスケールアップした続編が完成いたしました! 舞台は『新感染』の4年後の‘半島’。人間を凶暴化させる謎のウィルスの感染爆発で荒廃した祖国に、ある任務を果たすため戻ってきた元軍人のジョンソクを、カンヌ映画祭でパルムドールを受賞した是枝裕和監督が初めて手がける韓国映画『ブローカー(仮)』への出演が決定しているカン・ドンウォンが演じ、前作『新感染』で監督を務め、韓国だけでなく世界で高い評価を受けたヨン・サンホ監督が引き続きメガホンをとります!前作よりもさらに壮大なスケールで描かれ、250人を超えるVFXスタッフにより作り上げられたビジュアルと20分に及ぶ刺激的なカーチェイスは圧巻です。カンヌ映画祭オフィシャルセレクションにも選出され、本国では今年7月に2,338スクリーンで公開され、大ヒットを記録。コロナ禍にあえぐ韓国映画界において‘救世主’と讃えられ大きな話題を呼んだ本作が、ついに日本上陸です!

映画レビュー

レビュー01

「新感染 ファイナル・エクスプレス」から4年後の世界。続編でまた泣けるゾンビ映画?
前作は「父と娘」「力が強い男とその妊婦」「野球部員と女子マネ」などまだまだ多くの人間ドラマのオンパレードだった。今作は前作との関連は全くないので、単体でも楽しめます。
そして前作の成功で得た圧倒的資金力から繰り出される空前絶後、超絶怒涛のゾンビサバイバルに終始圧倒されてしまいます。
今回も家族の映画ではあるのですが見せ方が全然違う!前作とは繋がりがない。
ゾンビというよりもアクション要素が強めでゾンビファンはもっと気味悪いゾンビを見せてと一言いいたい。
次から次へと現れるゾンビの数、足が速いゾンビにビビります。
まず鑑賞して一言「これは凄いゾンビのマッドマックス」で恐怖と残虐そしてスピード感半端ない!絶叫した顔、疑心暗鬼になっていく世界があった。

前回ほど伏線が張り巡らされていないけど、カーチェイスには力が入っててかっこいい。最初のシーンで韓国から逃げる家族の車中の一コマが良かった。
弱い人間が抵抗し逃げまわる前作から銃撃やカーチェイスが炸裂し、ゾンビと戦う映画になっている。
韓国映画の得意としているスペクタクルゾンビアクションになっていた‼

主人公が元軍人なので奪還作戦や銃撃戦に格闘技、それをサポートするのが本土に残った女性、姉妹、ジジイの家族!この姉が凄まじいドライビングテクニックでゾンビをなぎ倒す。このシーンを見ることこそこの映画の醍醐味!
ライトを使った巧みなゾンビ陽動作戦や狭い道を駆け抜ける超絶ドリフトなどなど、そしてゾンビを轢き殺しまくる数がやばい!本土に住み着く暴徒集団(民兵組織631部隊)とのカーチェイスはまさにマッドマックス!
今回は人間ドラマではなくアクションドラマと思った方が楽しめる。
強烈なキャラクターとゾンビ、スピードで物語作っていく本作の魅力の全てと言っていいでしょう。
今この時期、ちょっとでもコロナを忘れさせてくれる最高の映画、是非ともご自身で確かめてもらいたいです。

レビュー02

前作を見逃していた自分を後悔している…。迫力のカーチェイス、溢れ出るゾンビ、ゾンビ、ゾンビ。

最近のゾンビはスピードも速く俊敏に動く!それがかえって恐ろしさを増幅させる。

ただのゾンビ映画ではない!感動もある。とにかく面白い映画でした。お正月はこの映画で楽しもう!!

レビュー03

 やはりゾンビは気持ち悪かった。一体一体のキモ怖さのクオリティは感染映画だけに最高レベル警戒ステージ5だ。冗談抜きで寒気を覚えるほどリアルだ。光と音に群れるゾンビの集団はうじゃうじゃしていて、まさに獲物に襲い掛かる軍隊アリの様相だった。銃で殺しても、車で跳ね飛ばしても、次から次へと全速力疾走でやってくる。そのVFXの完成度は、恐怖で目を覆いたくなるほどの迫力で、この映画の見せ場のひとつだ。さらに鬼気迫るカーアクションはハラハラドキドキもので手に汗握るが、目を伏せることなくしっかり観てほしい。
本作は第1作の4年後を描いている。主人公のジョンソク(カン・ドンウォン)は金を奪うため感染している韓国に戻り、無事帰還できるかというミッションだが、内容は深くて濃かった。ゾンビがいる半島には生き延びた人間たちがいた。人を人として扱わず狂気と化した軍団631部隊。希望を持ち救助を待つ姉妹と母、そしてかつて士官だった老人の4人。ジョンソクはその4人と協力する。
感染症の題材作だけに今の新型コロナウイルス(COVID-19)の脅威が重なり怖くなった。それはウイルスによる恐怖や疑心暗鬼、固定観念、利己主義と言った人間の闇の部分。作中では感染国の韓国人が周囲から差別を受ける。今の日本でも同じ。感染者は映画のように殺されないが、ある意味ばい菌扱いのようで考えさせられる。
今作のメッセージは、家族愛の大切さや人間の強さ、諦めない気持ちだと思う。ぜひあなたもヨン・サンホ監督ワールドを体感してください。
最後にひと言、イケメンのカン・ドンウォンは、アーミーヘアでも長髪でもカッコいい!