2021.1.22[金] 公開決定

さんかく窓の外側は夜

配給/松竹

監督/森ガキ侑大

脚本/相沢友子

原作/ヤマシタトモコ「さんかく窓の外側は夜」(リブレ刊)

出演/岡田将生、志尊淳、平手友梨奈/マキタスポーツ、和久井映見/筒井道隆、滝藤賢一ほか

 

公開劇場/札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌ほか

 

さんかく窓の外側は夜

公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/sankakumado/

ストーリー

冷川・三角、心霊探偵バディの元に持ち込まれた、連続殺人事件の謎。死者が遺した謎のメッセージに隠された、驚きの真実とは―?
書店で働く三角康介(志尊淳)は、幼い頃から幽霊が視える特異体質に悩まされていた。ある日、書店に除霊師・冷川理人(岡田将生)が現れる。「僕といれば怖くなくなりますよ」の一言で、三角は冷川と共に除霊作業の仕事をすることに。そんな中、二人は刑事・半澤(滝藤賢一)から、一年前に起きた未解決殺人事件の捜査協力を持ちかけられる。調査を進める冷川と三角は、やがて自殺した犯人の霊と出会う。冷川が三角に触れると、犯行時の状況がフラッシュバックのように浮かび上がり、恨みがましい犯人の声が響く――
「ヒウラエリカに.... だまされた... 」
犯人の霊を通して視た情報を元に、真相へと近づいていくふたりの前に現れたのは、呪いを操る女子高生・非浦英莉可(平手友梨奈)。
〈ヒウラエリカ〉とは何者なのか? 連続殺人事件との関係は――?死者からのメッセージの謎を解き明かそうとする二人は、やがて自身の運命をも左右する、驚愕の真実にたどり着く…。

イントロダクション

霊が<祓える男>と<視える男>。
心霊探偵バディが、呪いの謎に挑む!
今最も注目の漫画家・ヤマシタトモコの大ヒット作「さんかく窓の外側は夜」(リブレ刊)。累計発行部数100万部を超えるベストセラーコミックスが、超豪華俳優・スタッフ陣によって実写映画化!
本作は、霊が〈祓える男〉冷川と〈視える男〉三角の二人が“除霊”という特殊能力を使い怪奇事件に挑む、新感覚の〈除霊ミステリー〉。凄腕の除霊師・冷川を演じるのは、映画だけに留まらず、ドラマや舞台など数々の話題作に出演し、人気、実力ともに兼ね備えた俳優・岡田将生。冷川の助手・三角を演じるのは、若手実力派俳優として活躍が目覚ましい志尊淳。初共演・W主演となる二人が新たなジャンルのバディムービーに挑む。
また“呪いを操る”女子高生として、ストーリーの鍵を握るヒロイン・ヒウラエリカ役に平手友梨奈。圧倒的カリスマ性で難役へ挑戦する。
監督は、CMディレクターとして国内外の広告賞を受賞、初の長編映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』でも高い評価を得た森ガキ侑大。脚本はTVドラマ「鍵のかかった部屋」や、映画『重力ピエロ』、『プリンセス トヨトミ』、『本能寺ホテル』など話題作を手掛けてきた相沢友子。才能溢れるクリエイターが結集し、かつてない斬新な映像表現を創り上げた。
果たして冷川・三角の心霊探偵バディは、連続殺人事件と呪いの謎に隠された真実にたどり着けるのか―?観る人全ての常識を覆す、かつてないミステリー・エンターテインメントが幕を開ける!!

映画レビュー

レビュー01

私はこの作品の漫画を楽しみに読んでいる。ただ私は、漫画は映画やテレビとは違う物といつも話している。どちらもその作品に力を入れて作っているのだから面白くない分けはないのだ。
だから同名コミックの実写映画ではあるが、別物と考えて一言「面白い」。主人公など3人は漫画のイメージとは違うがこれはこれでとっても「いい」。私としては期待するグロさが若干足りないような、ミステリーとホラーの中間、サスペンスとオカルト的なストーリー。
私好みに言わせてもらえばもう少し霊がグロく、怖くても良いのではと思ったが、これで良いと思う人も多いでしょう!
登場人物それぞれが自らのアイデンティティを求める姿が、凝っていて「ほぉー」とつぶやく構成で展開する。信仰宗教が絡むなどもっとそこの尺を長くしても良かったかもしれないし、事件性を鋭く見せても欲しかった気もする。
この映画でところどころ見せる男性同士の「愛」が、ありそうで無かったり。「友情」「家族愛」など美視点は難しい。恋愛物語ではではなく、サスペンスとオカルト的なストーリーなのだと思うが、なぜかちょっと違うような気にもさせてくれる? まだこの映画がはっきり見えない所がある私は、プロローグだと思うしこれからの展開を期待している。
全体にオカルト風ではあるが…それっぽくない? 掴んでぶん投げるとかインターネットで簡単に調べるとかテキトーな感じなのがまたいいのは、私だけ? 事件的には凄いのに警察の動きが見えないし、猟奇的だけど謎解きが難しいわけじゃなく、ツカミは凄くいいのでもっと複雑な展開を期待する。
岡田さん志尊さんの不思議なバディ感も良かったですし、劇中の楽曲も良く、ヒットしそうです。ぜひ皆様も劇場でご覧ください!

レビュー02

W主演の岡田将生と志尊淳の今までとは違う演技に進化を感じた。実生活では幽霊などとは無縁そうな明るい2人だが、作中で岡田が神秘でクールな役を演じ、志尊が世間と一線を引く少々暗め青年だった。これまで出演し来た作品とは本人たちのイメージが違う気がするが、逆に新鮮さと同時に作品の持つ恐怖感を見事に見せてくれたと思う。そして2人が抱き合うたびに「何かあるのでは!」とドキドキした。
注目はVFXされた岡田のシーンとメガネを外すときの志尊。次の瞬間、観客の恐怖スイッチが入るはず。一方で刑事っぽくない滝藤賢一と、ご飯をおいしそうに食べる和久井映見の存在が画中のオアシスのようでホッとさせられた。忘れてはいけないもう一人が謎の女子高生役の平手友梨奈。目に力があり、怖かった。
この映画はホラーでも、サイコサスペンスでも、ヒューマンドラマでも、オカルトでもない。社会派ミステリーだ。本作に込められた“のろい”に、あなたも恐怖するはずだ。