2020.2.21[金] 公開

Red

配給/日活

監督/三島有紀子

原作/島本理生『Red』(中公文庫)

出演/夏帆、妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗ほか

123分 R15+

 

公開劇場/ユナイテッド・シネマ札幌ほか

 

「Red」

公式サイト:https://redmovie.jp/

ストーリー

大雪の夜、車を走らせる男と女。先が見えない一夜の道行きは、ふたりの関係そのものだった。平凡な結婚、可愛い娘、“何も問題のない生活”を過ごしていた、はずだった村主塔子。10年ぶりに、かつて愛した男・鞍田秋彦に再会する。鞍田は、ずっと行き場のなかった塔子の気持ちを、少しずつ、少しずつほどいていく…。しかし、鞍田には“秘密”があった。現在と過去が交錯しながら向かう先の、誰も想像しなかった彼女の“決断”とは――。

イントロダクション

『直木賞作家が生んだ賛否両論の問題作、禁断の映画化!

大人の女性たちの共感を呼ぶ、直木賞作家 島本理生が
センセーショナルな描写で新境地を開いた「Red」が禁断の映画化!
夏帆、妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗と日本映画界きっての実力派キャストがくり広げる、湿度と温度の高い、濃密な大人のラブ・ストーリー。ラスト、映画オリジナルの結末に心が激しく揺さぶられる。

映画レビュー

レビュー01

 妻夫木聡の濡れ場の迫力が凄い。そして夏帆も。スクリーンには2人の本能の音だけが聞こえてくる。求めあう愛の力強さが、あのキスシーンに凝縮されていると感じた。人を愛すこととは…、生きることとは…、何が幸せなのか…。深く考えさせられた。
 本作は2人の決断後と、過去が交互に展開していく。主人公の鞍田(妻夫木)と塔子(夏帆)が出会ってから10年後、それぞれの人生を歩んでいるが、あるパーティーで塔子が鞍田を見つけるところから、物語が大きく走り始める。どこか陰のある鞍田。何不自由のない家庭を持った塔子。対照的な2人だ。
 人は、かなわぬ愛は諦めたり、常識に沿った行動を取るのが一般的だ。周囲に合わせた行動や言動をする。いわゆる常識を意識しながら良き市民、良き家族、いい人であろうとし、本能や自我を抑えて生きている部分があると思う。本作は、このような点にも焦点をあてている。自我に目覚めたとき、人はどのような選択をするのか。この2人は運命を感じながらも、ギリギリのところで関係を深めていく。2人に対する同僚の小鷹(柄本佑)や塔子の母・陽子(余貴美子)ら周囲の人からのことばも印象的だ。そして、そのラストは…。
 題名「RED」は、燃え上がる心の色、あるいは情熱的な血の赤、レッドカード、未来に向かう朝焼けの赤。どのように感じるかは、あなたは何色なのか、ぜひ鑑賞して確かめてほしい、大人のためのラブストーリーです。

レビュー02

 原作は、直木賞作家・島本理生による同名小説。
女性から圧倒的な支持を得る作家、初めて官能の世界に挑んだ小説「Red」を映画化に興味があった。また監督は 2017年『幼な子われらに生まれ』で家族の心の機微と心理を鋭く描き出し、第41回モントリオール世界映画祭コンペティション部門審査員特別大賞など数々の賞を受賞した三島有紀子。二人の融合はどんな映画になるのか。楽しみにしていた。
 無口で気むずかしい鞍田秋彦(妻夫木聡)。家庭・娘を守るため「ハイハイと」自分の意思を殺しながら生きてきた村主塔子(夏帆)。無口で気むずかしい、今までにない役をこなしていた妻夫木聡、代表作になると思う。夏帆が小説からどう飛び出してくるのか、ワクワクしながら見た。
「なるほど」「そうきたか」「まだまだ」「いいね」。心の中でつぶやく言葉は限りなく出てくる。多くの女性に見て欲しい映画だが男性にも是非見ていただき、妻は物ではなく、愛する1人の女性と考えて欲しい。

見ない人はレッドカードです(笑い)