世界的パティシエも納得IQOSの新フレーバーが好評!「マールボロ・ヒートスティック・トロピカル・メンソール」

自ら作成したマカロンを前にトロピカル・メンソールの味わいを楽しむ青木氏

IQOS×マカロンの意外なコラボが、北の大地・札幌で人気を呼んでいる。

フィリップモリスジャパン(本社・東京)はこのほど、加熱式たばこ「IQOS」(アイコス)専用の新製品「マールボロ・ヒートスティック・トロピカル・メンソール」の販売を開始。世界的パティシエの青木定治氏が、この新しい味わいに適した特製マカロンを開発し、IQOSストア札幌(中央区南1西2、IKEUCHI GATEビル)で無料提供されている。
「もともとメンソールは特に好きというわけではなかったのですが、試作をいただいて吸った時、これをお菓子に合わせたら面白いかなと。パッションフルーツの爽やかな香り、そしてキレもあり、奥からジッとくる葉っぱの旨みをしっかり感じられました」。8月5日に札幌で行われた新製品発表会でゲスト出演した青木氏は、初めて口にした印象を興奮さめやらぬ表情で振り返った。

青木氏が作成した特製マカロン

同日からIQOSファン(会員限定)に振る舞われているが、猛暑が続く札幌でも〝一服の清涼剤〟になっている。青木氏は「通常よりワンランク上のスペイン産アーモンドを取り寄せ、自分の好きな形にローストして蒸気を抜き、黒コショウを入れて甘みをカットした」などと、こだわりの味を解説。

仕事帰りに会場を訪れた北広島市在住のOL(32)は「私はメンソール系ですが、この組み合わせは癖になりそう」と味わっていた。

マカロンは銀座、梅田、福岡店でも期間限定で提供されている。

新しいメンソール3銘柄を手に笑顔を見せる世界的パティシエの青木氏(右)と、フィリップモリスジャパン・東日本リージョンの須賀ジェネラルマネジャー

IQOSで国内シェアトップを誇り「煙のない社会」を目指すフィリップモリスジャパンは、このフルーティーなトロピカル・メンソールとともにヒーツブランドの「ヒーツ・フロスト・グリーン」(深みのある爽快メンソール)、「ヒーツ・クール・ジェイド」(心地よい清涼メンソール)の新スティック3種を7月29日から、IQOSストア、IQOSオンラインストアなどで先行販売。トロピカル・メンソールは19日からコンビニエンスストアを含め、全国のたばこショップで発売されることになっている。

同社は①煙の出ない加熱式たばこ製品へフォーカス②喫煙を続ける人々に加熱式たばこ製品を推奨③よりリスク低減製品の開発、に力を注いでいる。新バージョンの北海道上陸に際し、須賀忠徳・東日本リージョンジェネラルマネジャーは「IQOSユーザーは世界で1130万人を突破していますが、2017年12月以降、今年の6月まで、北海道の伸び率は全国平均を上回っています」と言う。フレーバー系メンソール製品は特に人気で、この2年間で約2倍も伸長。今回はこの系統に求められていた吸いごたえと満足感を追求した。
全国的に喫煙率が高い道内でも、間もなく身近に手に入る注目のトロピカル・メンソール。オレンジ色のパッケージには「極上の味わいと、贅沢なひと時を。」と書かれている。