【北海道の地域医療支援】新型コロナ対策の寄付1日半で目標額5,000万円達成

北海道とふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営するトラストバンク( 代表取締役:川村憲一)は4月27日、 同社が提供するふるさと納税のクラウドファンディング「ガバメントクラウドファンディング(R)」で、 新型コロナウイルス対策として北海道の地域医療支援の寄付が開始からわずか1日半で目標寄付額5,000万円を達成したことを発表した。27日午前10時現在で、約7,260万円(3,475人)の寄付が集まっている。
鈴木北海道知事は「北海道では、早くから新型コロナウイルス感染症の影響を受け、最前線で働く医療関係者の皆様は長期間にわたって奮闘されています。一方で、本道は唯一、この感染症の第1波を乗り越えた地域であり、この経験を活かしながら、多くの方の応援をいただき、北海道の医療を守る方々とともに、新型コロナウイルス感染症との戦いに必ず打ち勝ちます。 皆様のエールを北の医療へ!」とコメントした。

 

[プロジェクト概要]

◆プロジェクト名: 北海道ふるさと寄付金「今こそエールを北の医療へ!」~皆様の想いをカタチに変えて、 地域医療を守ります~
◆目標寄付額: 5,000万円
◆期間: 2020年4月24日午前10時~2020年7月26日(94日間)
◆目標達成日時:2020年4月25日午後9時半頃(開始から約1日半)
◆使い道: 医療用資機材の整備など北海道の地域医療を守る取り組み
◆SDGs:3.すべての人に健康と福祉を、 11.住み続けられるまちづくりを

▽北海道ふるさと寄付金『今こそエールを北の医療へ!』

URL: https://www.furusato-tax.jp/gcf/823